HOME > 職人 > 現場 北風和晃さん 
職人

職人紹介

北風 名前

ブロックと段取りの名人

 北風和晃さんは屈託のない笑顔が印象的な据え付け職人だ。北風さんが担当している仕事は土木工事一式、外構工事。その中でも、二次製品・ブロックの据え付けを得意としている。
 「普段仕事をしている中で心がけているのは、現場をきれいに保つこと。お客さんとは一生に一度の出会いだから、工事も商品を扱う様に丁寧にしっかりとやらなきゃいけない。そしてその結果に対して頂けるお客さんからの“ありがとう”が最高の楽しみですね」
北風さんは前日に翌日の工事全体を頭の中でイメージしてから工事にかかるそうだ。頭の中で3Dイメージができるようダンドリを組んでいく。突然の雨で作業に支障が出ないようあらかじめ一週間先の天気予報も確認する。 北風さんにマルカの強みを伺った。
 「マルカの強みは、それぞれ専門分野のスペシャリストがいるということ、様々な工事に対応できるということ。また社長が工事の採算や細かいことを言わず、ただ“きれいにやっといで”と社員を信じ、社員の自主性を大事にしてくれる。その結果、仕事の質を上げることに専念して取り組むことができるというのも強みだと思います」
 マルカにはそれぞれの分野に特化した職人が揃っている。社員に図面さえ渡してしまえば後はそれぞれの職人が自分で判断して工事を進めることができる。それぞれ専門の職人が互いに信頼し、フォローし合いながら仕事を進めていく姿勢があるというのも強みだ。
 仕事の大小に関わらず自分が納得できる良い仕事をする。お客さんの満足を真剣に考える。マルカらしさとはこういうことをいうのだろうか。

マストは、フル装備+情熱

仕事に必要なものは装備しているもの全て。カメラ・ユニフォーム・メジャー等、だがそれ以上に必要なのは仕事に対する情熱と心意気。北風さんはそれを標準装備している。

(取材:水野印刷工芸 山本)

このページの上へ